南高日記

芸術 美術Ⅲ (3年生)

コロナに負けるな!(パート1)

芸術 美術Ⅲ (3年生)

新学年になってすぐに始まった、休業期間中、美術選択生はロイロノートを使って動画配信型の授業を受けていました。

3年生の課題は、日常の不便をデザインの力で改善する事。マスク不足が深刻だったので、課題テーマは「南高オリジナルマスクについて」。ヴィジュアルデザインでも、プロダクトデザインでも、Reデザインでも、自分の得意な分野を考えて、それぞれサンプルと企画書の提出。これが10名全員の提出作品です。

 

 

  

意見発表クラス大会(1-6)

7月3日(金)、園芸クリエイト科の1年生が6限目に意見発表クラス大会を実施しました。

今年は、農業クラブの全国大会をはじめ、四国大会、第1回県大会も中止となっています。そのため、クラス大会で上位に入っても、次の発表の場がない状態での発表です。

そんな中、初めての発表で緊張しながらも6名が、自分の思いや経験を綴った作文を一生懸命読んでくれました。発表者も聴衆も、今回の意見を今後の学習やさらなるステップアップに生かしてくれると嬉しいです。

年間2回、3年間で6回のチャンスがあります。次もまたよい発表ができるよう、たくさんの経験と知識を増やしていきましょう。

 

    

 

 

    

 

 

 

盆栽菊(1,2年生)

7月2日(木)、園芸クリエイト科の1・2年生が栽培する盆栽菊がいよいよ姿を現し始めました。

本校の盆栽菊は石付けというスタイルです。名前の通り、石に植え付けて仕上げる盆栽菊ですが、植え付け当初は鉢の代わりとなるビニールに覆われ、その姿があまりわかりません。しかし、毎週少しずつビニールを切り、土を落としていくことで徐々に姿を現します。

そして、今週の作業でやっとビニールがすべて取り除かれ、土を洗い流し始めました。

考査が終わると本格的に整枝・剪定に入っていきます。地道な作業ですが、頑張っただけいい菊になります。頑張りましょう。

 

    

 

  

 

 

ブドウの袋掛け(3年生)

7月2日(木)、園芸クリエイト科3年の果樹班が、5,6限目の「総合実習」で、ブドウの袋掛けを行いました。

日焼けや病害虫防除のため、ブドウの房に袋をかけていく作業です。梅雨明けまでに行わなければいけませんが、今日の実習を逃すと考査後になってしまいます。さすが3年生。「やらなければいけない」という責任感とみんなの協力で、何とか終わらせることができました。

きっとおいしいブドウができることと思います。楽しみですね。

 

    

 

懸崖菊の管理(3年生)

7月2日(木)、園芸クリエイト科の3年生が3,4時間目の「草花」の授業で、懸崖菊の管理を行いました。懸崖の形にするためまずは誘引し、形ができてきたところは摘芯をして芽を増やします。また、病害虫防除のために株元の整理を行い、これからの成長に備えて追肥もしました。

梅雨とはいえ、今日は日が差して気温も上がり少し暑いくらいです。少しずつ馴れてきて1時間でほとんどの管理を終えることができました。次は考査終了後、また芽が伸びていると思います。頑張りましょう。

 

    

 

ブドウの植え付け(3年生)

7月1日(水)、園芸クリエイト科3年の生産類型が「果樹」の授業で、ブドウの植え付けを行いました。

以前からさし芽をしてつくっていた苗が大きくなってきたので、鉢に植え付けます。これから各自が1鉢ずつの苗を管理・観察していきます。いい苗ができたら、果樹園のブドウが増えることになるのでしょうか。

 

    

 

イネの学習(1年生)

7月1日(水)、園芸クリエイト科の1年生が5,6限目の「農業と環境」で、イネについて学習をしました。6月から、本格的に学習活動が再開し、やっと水田の場所を知ったり、広さを歩測で確認したり、田植えに挑戦したりしました。

今回は、そのイネの生育を学習するための準備として、各自がペットボトルに1本ずつイネを植えました。たった1本のイネがどのように大きくなっていくのか、観察が始まります。また楽しみが一つ増えましたね。夏の暑さに負けず、しっかり頑張っていきましょう。

 

    

 

 

7月6日(月)の週の南高

7月6日(月)の週の主な行事です(予定は変更になることがあります)。

 

7月 6日(月) 道徳講座3年

7月 7日(火) 校納金納入日

7月 8日(水) 1学期末考査【~14日(火)】 身だしなみ指導(3年)

7月 9日(木) 1学期末考査

7月11日(土) 

7月12日(日)

菊の管理とマリーゴールドの鉢上げ(1年生)

7月1日(水)、園芸クリエイト科の1年生が1限目の「農業と環境」で、菊の管理を行いました。作業内容は前回に続き、主茎の誘引とビニール切りです。だいぶ作業にも慣れ、前回よりも素早く上手になってきました。

また、3,4限目の「総合実習」では、3班がマリーゴールドの鉢上げを行いました。前回、播種をしていたマリーゴールドです。合わせて発芽率の計算も行いました。

日々、新しいことがたくさん出てきますが、楽しみながら勉強できているようです。きっと3年間でたくさんの経験をして、知識・技術といい思い出が残っていくでしょう。

 

    

 

 

東予地区高校3年生テニス記念試合

6月28日(日)、テニス部の3年生が東予地区高校3年生テニス記念試合に参加しました。総体が中止となり、消化不良のまま3年生が引退するのは残念ということで企画された試合です。そのため、3年生を中心として団体戦が行われました。

女子は桜井スポーツランド、男子は東予運動公園での開催です。やはり、3年生の試合は見ていて安心感のある、素敵なプレーばかりでした。終日、天気にも恵まれ、無事に最後の試合を終えることができました。

ここからは気持ちを切り替え、進路実現に向けて頑張ってください。3年生、本当にご苦労様でした。