自然災害時における登校について
 
1 登校しようとする時刻において、松山地方気象台から「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」「津波警報」のいずれか一つでも、今治市に発表されている場合、生徒は登校準備をして自宅待機する。

(1) 上記の警報が、正午までに解除された場合は、授業の準備をし、安全に十分留意して登校する。
(2) 上記の警報が、正午までに解除されない場合は、自宅で学習する。
(3) 上記の警報が発表されていなくても、身の安全が確保できないと判断される場合は、登校しなくてもよい。この場合、必ず学校に連絡すること。

2 今治市以外に居住している生徒は、登校しようとする時刻において、松山地方気象台から「特別警報」「暴風警報」「暴風雪警報」「大雨警報」「洪水警報」「大雪警報」「津波警報」のいずれか一つでも、居住地に発表されている場合、上記の1に従い行動する。

3 電車・バス・船などの公共交通機関を利用している生徒は、登校しようとする時刻において交通機関が利用できない場合は、登校準備をして自宅待機する。
(1) 正午までに交通機関が復旧した場合は、授業の準備をして、安全に十分留意して登校する。
(2) 正午までに交通機関が復旧しない場合は、自宅で学習する。

4 自然災害により公共交通機関が利用できず、やむなく授業を欠席しなければならない場合は、出席扱いとする。

5 居住する地域において、市町から避難情報が発表されている場合は、その指示に従い行動する。
なお、避難情報が解除された場合の対応は、上記の1に準ずる。

6 登校後、警報や避難情報が発表された場合は、学校が判断し対応する。
なお、上記の1~3に該当しない場合であっても「自宅待機」等を決定する場合がある。その際は、学校のホームページに掲載する。

7 土曜日・日曜日・祝日及び長期休業中における、部活動や各種行事(校外を含む)、模擬試験・各種検定、学習活動の実施に当たっても、上記に準ずるものとする。

8 上記により判断し、原則として学校への電話による問い合わせはしない。