最新の南高日記

南高日記

今治CATV取材(美術部)

 10月13日(水)、美術部が今治CATVさんから取材を受けました。

 高校生国際美術展で受賞した作品を中心に美術部の活動を撮影していただきました。1ヶ月以上前から撮影の依頼を受けていましたが、感染症対策として、お断りしてきましたが、ようやく今日実現しました。多くの方に、コロナ禍の自粛のなか工夫しながら活動してきた文化部活動を見ていただけたらと思います。

 今週のニュースで放映される予定です。

    

生徒会役員退任式・任命式

 10月8日(金)、生徒会役員退任式・任命式が行われました。

 これまで全校生徒を引っ張って活動してくれた旧生徒会役員の皆さんお疲れ様でした。コロナ禍で制限もある中、本当によく頑張ってくれました。新しく生徒会役員となった13名のメンバーのスタートです。みんなで協力して、「共に創ろう誇れる南高」を目指して頑張りましょう。

        

菊花展準備

 10月5日(火)、園芸クリエイト科の3年生が菊花展に向けて会場準備を行いました。

  11月の菊花展に向け、会場準備が始まりました。会場準備は、毎年3年生が全員で行います。2年生も前日のうちに各自の鉢に名前を貼り付け、移動・展示しても分かるようにしています。1年生の盆栽菊の棚も、当日に向けて移動されました。来週の中間考査を挟んで、いよいよ菊花展という時期になっています。菊だけでなく、他の草花や生産物の準備もありますから、皆さん頑張ってこの1か月を乗り切りましょう☆

    

菊の最終摘芯

 10月1日(金)、園芸クリエイト科の1~3年生が、今週は各自の菊の最終摘芯を行いました。

 11月に控えた菊花展に向け、もう1か月前となりました。そこで、各学年が自分たちの栽培している菊の最終摘芯を行いました。1年生は盆栽菊、2年生は盆栽菊と笠菊、杉木立菊、3年生は懸崖菊です。これに加えて草花専攻生は、2年生が木付け菊、3年生が大懸崖菊の管理も行いました。順調に菊は成長し、少しずつ蕾も付き始めています。無事菊花展が迎えられることを祈りながら、しっかり準備に取り組んでいきます☆

     

 

テニス部(東予地区予選の個人戦)

 9月25・26日(土・日)、愛媛県高等学校新人大会テニス競技東予地区予選の個人戦が行われました。

 テニス部唯一の男子1名はスポーツパークで開催され、惜しくも初戦突破とはなりませんでしたが、また次回に向けて練習に励みます。

 女子は、桜井スポーツランドテニスコートにて開催され、ダブルスでは月原・越智ペアが第3位、シングルスでは月原が第2位、山崎が第7位で県大会出場を決めました。日頃の練習の成果を発揮し、粘り強く最後まで諦めず戦った結果です。

 県大会は団体戦が10月中旬、個人戦が10月末になります。一つでも多く勝ち進めるよう、気持ち新たに頑張って練習に取り組みたいと思います。また、今回県大会出場に手が届かなかった選手たちも、次は県大会出場を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします☆

         

人権・同和教育講演会

 9月27日(月)、各教室でTeamsで配信されるDVD「夕映えのみち」を視聴し、人権作文に取り組みました。

 インターネットは、人と人、人と情報をつないで豊かな社会を創る『文明の利器』です。その反面、使い方を一歩間違えると、人と人の絆を断つ凶器に変わってしまいます。インターネット社会で、私たちは「どう生きるか」「人とどう関わるか」「社会とどうつながるか」を考え、相手を思いやることの大切さを見直すことができたことと思います。

   

普通科1年生類型選択説明会

 9月24日(金)、普通科1年生類型選択説明会が体育館で行われました。

 来年度以降、2学年・3学年の学習内容等について、教務課長・進路課長・商業科主任の先生方から説明がありました。将来の職業選択も含めてしっかりと考え、保護者とも相談をして決めていきましょう。

   

ローゼルの収穫(3年生)

 9月21日(火)、園芸クリエイト科3年の草花専攻生が課題研究で栽培しているローゼルの収穫を行いました。

  ローゼルとは食用ハイビスカスのことで、苞や萼を乾燥させてハイビスカスティー(ローゼルティー)やジャムなどに利用します。栽培は日高農場で行っていますが、本校玄関前にも飾っており、今栽培しているのは淡いピンク色の花を咲かせる品種なので、観賞用のハイビスカスには勝てませんが、可愛い花を見ることができます。興味がある方はぜひ、本校正面玄関前のプランターを見てみてください☆

      

テニス部 東予新人大会

 9月23日(木)、桜井スポーツランドテニスコートにて、愛媛県高等学校新人大会テニス競技東予地区予選が行われました。

  今日は天候に恵まれ、青空の下、新人戦の第1日目となる団体戦が行われました。この1週間は団体戦の優勝を目指して、ペアの組み換えなどを行いながら調整をしてきました。全員が一丸となり頑張りましたが、残念ながら準決勝で2-3と惜しくも敗れてしまいました。その悔しさをバネに順位決定戦では5-0で勝利し、第3位となりました。

 週末25日、26日は個人戦です。シングルス、ダブルスでは優勝を目指し、気持ちを切り替えて頑張りたいと思います☆

     

菊の管理

 9月16日(木)、日高農場にて園芸クリエイト科の生徒が菊の管理を行っています。

  2年生は④時間目の草花の時間に笠菊、杉木立菊の剪定を行いました。今月末には最終摘芯を済ませるため、今日が予備摘芯となります。11月の菊花展に向けて、どの菊の管理も最終段階に入ってきました。台風の接近など、まだまだ心配は尽きませんが、しっかり管理を頑張りましょう。

 また、3年生の中には、放課後の時間を使って菊の手入れをしている人もいます。授業だけでは満足のいく状態に管理できないため、自分で時間を確保して取り組んでいます。こうした少しの努力と地道な作業が、いい菊づくりにつながります。3年生は、後輩たちのお手本となるいい菊を仕上げてください☆

  

 

第73回市展(美術部)

 第73回市展に出品しています。

 昨年から今年にかけて制作した2・3年生の作品を、工芸と絵画部門に出品しています。国際美術展に応募した作品も出品していますので、ご覧下さい。

 R3市展.pdf ←クリック

               

 

キャベツの管理(2年生)

 9月16日(木)、日高農場にて園芸クリエイト科の2年生が野菜の授業でキャベツの管理を行いました。

 まずは生育状況を観察・記録し、追肥と土寄せを行います。管理の中で、少しずつ大きく成長していくキャベツの中に、アオムシを発見した生徒もおりました。病気や害虫に負けず、立派なキャベツが収穫できるといいですね☆

      

生徒会長選挙

 9月17日(金)、生徒会長選挙が2年生は体育館に集合して、1・3年生は各教室でリモートで行われました。演説も堂々とわかりやすく話していて、頼もしく感じました。みんなで協力して生徒会活動を活発にしていきましょう。また、今治市選挙管理委員会から投票箱等をお借りすることができました。御協力ありがとうございました。

       

進路全体指導(3年生)

 9月14日(火)、3年生を対象に進路全体指導が体育館で行われました。いよいよ16日から就職試験が始まります。練習を通して準備してきたことが発揮できるよう、心から祈っています。

    

 

主権者教育ホームルーム活動

 9月10日(金)、主権者教育ホームルーム活動が行われました。各学年ともテーマを統一して、各教室でPC等を活用して行いました。生徒会長選挙も近づいていますので、政治に興味・関心を持って熱心に取り組む姿勢が見られました。

       

 

総合実習(2年草花班)

 9月13日(月)、日高農場にて園芸クリエイト科2年の草花班が総合実習で草花の管理を行いました。

 木付け菊は今月末に控えた最終摘心に向け、予備摘心を行いました。また、台風に備えて杭を打ってひもを張り、風が吹いても倒れないように対策しました。ポインセチアは、第2回目の摘芯と定植を行いました。摘芯時期や肥料を変えて生育状況を観察しています。どちらも菊花展で展示、販売するために管理していますので、ぜひ見に来てください☆

    

応援団とマーチング

 運動会の昼休みに応援団とマーチングが披露してくれました。南高の伝統と特色ある活動を垣間見ることができました。ありがとうございました。

    

第73回秋季大運動会

 9月9日(木)、第73回秋季大運動会が行われました。結果は、

総合優勝 玄武

競技優勝 玄武

応援優勝 玄武

アーチ優勝 白虎

           

この運動会を通して経験したことを、これからの学校生活に生かしましょう。

 

第73回秋季大運動会

 9月9日(木)、さわやかな秋晴れのもと、第73回秋季大運動会が始まりました。

            

表彰伝達

 9月8日(水)、運動会の前日準備を行います。その前に表彰伝達が行われました。

 【全国大会】 美術部 〇全国高等学校美術工芸教育研究会賞

            〇全国高等学校総合文化祭

 【県大会】 吹奏楽部 〇全日本吹奏楽コンクール 銀賞

       英語科  〇全国商業高等学校英語スピーチコンテスト 優秀賞

 【東予大会等】 テニス部 〇夏期ジュニアテニス選手権 女子シングルス 2位

         ボート部 〇新人大会 女子シングルスカル 1位 2位

                    女子ダブルスカル 2位

         バドミントン部 〇今治市長杯 女子シングルス 2位

         陸上競技部 〇佐々木記念記録会 女子ハンマー投げ 3位

      

運動会予行

 9月7日(火)、運動会の予行が始まりました。マスク越しながら、みんないい表情をしています。感染症対策、熱中症対策を万全にして、本番をむかえましょう。

      

 

運動会に向けて

 9月6日(月)、アーチのやぐらが組み上がりました。明日は予行が行われます。天気の心配がありますが、本番に向け準備と最後の仕上げに向けて頑張りましょう。

  

運動会に向けて

 放課後になると太鼓の音が校内に響き渡っています。体育館では、ほぼ完成した各グループのアーチが最終チェックされていました。明日から9月、学年練習が始まります。感染症対策、熱中症対策をしっかりと行い、運動会を成功させましょう。写真は、1学期に行われた結団式、グループ集会のものです。各グループとも一致団結して頑張りましょう。

      

運動会学年練習(3年)

 9月1日(水)、学年練習が始まりました。3年生は、応援とアーチに分かれて活動しています。どちらも最終の仕上げに入っているようです。暑い中、熱気が発散されていました。

  

 

高校生国際美術展受賞の取材(美術部)

 8月24日(火)、第22回高校生国際美術展で受賞した美術部員が、今治市の地域情報紙さんから取材依頼を受けました。

 外部との接触を避けるため、今回もリモートで取材をしていただきました。美術室はWi-Fiが弱いので、取材中ははらはらしましたが、時間内はうまく繋がり、細かい情報は黒子(先生)の筆談も混ぜながら作品に託した思いや、コロナ禍での制作についてなど、いろんな事を聞いていただきました。活動が密室になりがちな美術部ですが、日頃の制作を聞いていただき、とても嬉しい取材でした。

    

 

運動会の準備(アーチ制作)

 8月23日から1週間、体育館を使って運動会用のアーチ制作を行っています。

 大きさは4m×10m!!初日は3つの団が協力して、絵の具の準備や制作環境の整備、用紙の作成などを行いました。

 その後、各団が、リーダーの指示のもと、制作設計に基づいて作業をしています。今年は、各団のリーダーやデザイン制作者が夏休み中に何度も協力し合い、お互いがベストを尽くせるように、計画、準備をしてきましたので、例年以上に順調に進んでいます。なんと3日でおおかた出来上がった団まで!!

 密を避け、手指消毒もこまめに、暑くてもマスク着用、大声で会話をしない。それぞれが感染症対策を徹底しながら、3年生にとって高校生活最後の運動会に向け、出来る事を見つけながら頑張っています。本番当日が楽しみです。

        

 

全国総文祭グループ別Web交流会(美術部)

 8月6日にzoomによる全国高等学校総合文化祭の交流会が開催されました。

 和歌山県内の高校生が司会進行を務め、グループ17とグループ18の合同で、全国から約10名が参加しました。ネット環境の違いで、参加できなかったり、音声だけの参加校もあったりしましたが、実物を見た後なだけに、制作意図や技法についての質問も具体的で30分があっという間に過ぎていきました。

   

 

果実非破壊近赤外測定装置「おいしい果」

 8月2日(月)、令和2年度「農業労働力確保緊急支援事業」の研修用農業機械として導入した果実非破壊近赤外測定装置「おいしい果」を使って、温室メロンの糖度測定を行いました。研修には、園芸クリエイト科2年生野菜専攻班6名による非破壊による糖度測定の実施し、性能や利便性についても検証しました。非破壊による測定では、前回行った小玉スイカと同様に、誰でも簡単に測定できる利便性の高さや、収穫の判断の正確さを感じ取ることができました。

  

 

玉川ダム見学(課題研究部)

 8月5日(木)、課題研究部の活動で玉川ダム管理事務所を訪問しました。ダムの運用と管理について詳しくお話を伺うことができ、とても有意義な時間となりました。

      

 

 

第22回高校生国際美術展 YouTube表彰式(美術部)

  第22回高校生国際美術展の表彰式が東京赤坂で無観客で開催され、その様子がYouTubeで配信されました。

 本校園芸クリエイト科3年野村も表彰されるので、美術部員でオンタイム鑑賞をしました。事前に園芸クリエイト科での実習風景のスナップ写真を送り、作品と共に紹介してもらいました。

    

 

展示の様子 ※東京在住の親戚に送ってもらいました。

       

 

 

各種発表県大会(農業クラブ)

 7月27日(火)、愛媛県学校農業クラブ連盟主催の第1回各種発表県大会が大洲青少年交流の家で行われ、園芸クリエイト科2・3年生が出場しました。 

意見発表の部

Ⅰ類 生産・流通・経営分野

「自ら栽培 自ら加工 私 バージョンアップ」 3年 白石

Ⅱ類 開発・保全・創造分野

「目標達成への一歩」 3年 谷岡

Ⅲ類 ヒューマンサービス分野

「今治の小麦を広めるために」 2年 越智

 

プロジェクト発表の部

Ⅲ類 ヒューマンサービス分野 

「心の癒やしを求めて ~福祉施設で畑のデザイン~」

3年 園芸セラピー班 

      

 

 

「みんなとMAYA MAXX展」展示体験ワークショップへの参加(美術部)

 7月31日~8月29日の間、今治出身の画家であるMAYA MAXXさんが河野美術館と玉川美術館で作品展を開かれます。そこで、7月28日(水)に、普段体験することができない「実物作品」の展示をお手伝いさせていただけることになり、市内県立学校の美術部員で参加しました。

 今治南高校は玉川美術館で大きな掛け軸を壁に直貼りする大役を命じられ、作品用のライトで水平を取ったり、学芸員さんが事前に借り止めしている作品をタッカーで固定したりしました。作品に直に手が触れたりすると作品劣化に繋がるので、見ている方はひやひやしましたが、素晴らしいチームワークで見事時間内に展示、片付けまで終わらせることが出来ました。

 ワークショップの最後には、今治を出て、今までの軌跡をお話し下さり、ここまで続けてきたこと、継続することの意味と、それらが人との縁、繋がりで成り立っていること、「わくわくすることをする。」つきない好奇心のお話しを伺いました。進路決定を直前に控えた三年生は特に熱心に聞いていました。

         

 

第45回全国高等学校総合文化祭 和歌山大会 美術・工芸部門への参加

 美術部が7月30日~8月1日、第45回全国高等学校総合文化祭 和歌山大会 美術・工芸部門の愛媛県代表作品7点の中の2点として、本校普通科3年仙田と園芸クリエイト科3年野村の作品が出品されたので、大会の部門別開会行事や交流行事に参加しました。

 感染症対策として、本県部門参加生徒はバスでの移動、宿泊先でも接触を避け、自室での待機を基本として、最小限の外出で対応しました。一番の楽しみであった、出品生徒の交流を目的とする作品講評会も前日中止が告げられ、展示会場の人数制限など、想像していた大会とは異なりましたが、大会主催者の方々の熱い気持ちと準備、不安、それらを感じながら、精一杯他校の作品を鑑賞してきました。実物を目の当たりにし、表現や技法の多様性とレベルに圧倒されましたが、この感動と、得られた知識は、確かに後輩に繋いでいきたいと思いました。8月6日にはzoomによる交流会も予定されています。実物を見ただけに、作者への思いや質問があふれており、今から楽しみにしています。

               

 

普通科見学説明会

 8月5日(木)、6日(金)、普通科見学説明会が本校で行われ、400名をこえる中学生・保護者・先生方に参加していただきました。

 新型コロナウイルス感染症対策を考慮して、各教室においてリモートで説明会を開きました。生徒会役員が中心となって「誇れる南校」の説明をし、有志の生徒が部活動の様子を案内してくれました。暑い中、参加していただいた中学生・保護者の皆様、本当にありがとうございました。

         

園芸クリエイト科一日体験入学

 8月4日(水)、日高農場にて園芸クリエイト科の体験入学が行われました。

 新型コロナウイルス感染症拡大に伴い開催が危ぶまれていましたが、体験内容を精選し、会場も分散しての学科説明を行う形で、何とか開催することができました。

 全体説明はリモートで実施したため、不手際や分かりづらい場面もあったかと思いますが、中学生の皆さんが一生懸命耳を傾けてくれました。また、フラワーアレジメントの作成や多肉植物の寄せ植えなどの作業にも、積極的に取り組んでくれました。おかげで暑い中ではありましたが、無事に終了することができました。ありがとうございました。

 園芸クリエイト科一同、皆さんの入学を心からお待ちしています。来年の4月にまたお会いしましょう☆

         

 

小玉スイカの糖度測定

 「農業労働力確保緊急支援事業」における研修用農業機械として導入された果実非破壊近赤外測定装置「おいしい果」の操作研修が7月16日(金)に開催され、園芸クリエイト科2年生25名が参加しました。

 野菜の授業で栽培した小玉スイカを教材として、非破壊による糖度測定の操作方法や操作実施をおこないました。また小玉スイカを切断し、今まで使用していたデジタル糖度計や屈折糖度計との、性能比較や使用の利便性についても検証しました。非破壊による測定は、誰でもほぼ正確に測定できる利便性が高いことに強い関心を寄せていました。

   

 

夏季ジュニアテニス大会

 7月24・25日(土・日)、男女テニス部が夏季ジュニアテニス大会に参加しました。

  新人戦のシードに影響するこの大会。2年生はわずか二人ですが、1年生の指導もしながら、一つでも勝ち上がれるように一生懸命練習してきました。ダブルスでは、月原・越智の第5位に加え、山崎・沖本も県大会出場。シングルスでは、優勝こそ逃してしまいましたが、キャプテン月原が健闘して準優勝、山崎がベスト8、沖本も県大会出場を掴み、合計2ペアと3人が県大会出場です。今大会も暑さとの戦いでしたが、8月中旬となる次の県大会も暑さに負けないよう、これからも練習に励み、体力もしっかり付けていきましょう☆

          

 

美術部の活動(今治工業高校 繊維デザイン部との交流会2)

 7月26日(月)、先日の製版作業体験、見学に続き、今日はプリント実践をさせていただきました。

 今治工業高校の繊維デザイン部員7名が色糊の作り方やTシャツを専用の捺染用下敷きに貼り付ける作業などを教えてくれました。一方、13人の美術部員は、自分の選んだTシャツの地色に合う配色を、何色も顔料を加え、微妙な色合いを追求する色へのこだわりを感じていただいたようです。中学の同級生に出会った三年生は、お互いの進路選択によって生じたそれぞれの学校生活での学びと成長を感じたようでもありました。

 今週末に参加する全国総文祭や夏の様々な場面で、この部のTシャツを着ることになります。制作工程をしっかり説明できるはず。このような機会を下さった今治工業高校の繊維デザイン部さん、ありがとうございます。

        

 

開放講座(盆栽菊づくり)

 7月17日(土)、盆栽菊づくりの開放講座が開催されました。

  昨年は中止となった開放講座ですが、今年は延期、延期を繰り返し、何とか第1回目の日程を実施することができました。スタートが大幅に遅れどうなるかと思いましたが、何とか菊は順調に生育しています。今回は、3回目となる誘引の作業です。座席間の間隔も例年以上に広げ、来校時の検温やマスク着用、手指消毒に協力していただきながら、今日も作業を無事終えることができました。日々大きくなっていく盆栽菊が立派に完成するよう、残りの講座もよろしくお願いいたします☆

    

 

えひめ次世代マイスター育成事業

 7月26日(月)、愛媛県主催の「えひめ次世代マイスター育成事業」に、園芸クリエイト科1年生20名が参加しました。

 研修は、今治市玉川町にある「森のともだち農園」で、観光農園やグリーンツーリズムの取組について学び、ブルーベリーの収穫体験研修も行いました。この研修を通して、観光農園の経営や多彩な農業の在り方など、農業の魅力、可能性について学ぶことができました。またこの研修会は、県今治支局地域農業育成室、今治CATVの御支援・御協力をいただき、地域農業の現状や農産物の紹介など、今治地域の魅力を情報発信する機会ともなりました。

      

 

 

テニス部の活動

 7月13日(火)、各学年の奉仕活動の後、テニス部男女はスポーツパークで練習に励みました。 

 今月24日(土)、25日(日)が夏季ジュニアの地区予選です。1年生にとっては初めての大会になる人もいるため、日々の練習を頑張っています。できれば2年生を中心に県大会出場を目指し、一つでも多く白星を挙げられるよう頑張ります。応援よろしくお願いします☆

  

芸術選択 美術Ⅰ

「ここはどこでしょう」

この弱々しく、育った野菜苗たちはどこにいるでしょうか。日高農場?

ヒントは壁の色。

芸術選択美術Ⅰでは、園芸クリエイト科で栽培されている代表的な野菜たちを観察中。

日光不足や、風通しの悪さで成長を妨げているダニやカビにも興味津々です。

     

 

1学期終業式

 7月21日(水)、終業式が2・3年生は体育館で、1年生は各教室においてリモートで行われました。

 終業式に先立ち、県総体・四国総体等の表彰伝達が行われました。

 終業式の校長式辞では、4月に一人一台端末が配付され、効果的な活用ができているかどうかを振り返り、今後様々なことにチャレンジしてバイタリティあふれる幅広い力を身につけてほしいとお話がありました。

 式の後に、来年度四国各県で行われる全国総体(インターハイ)の学校推進委員会のメンバーから、ポスターの紹介がありました。

            

 

奉仕活動(2年生)

 7月13日(火)、2年生が織田ケ浜で奉仕活動を行いました。 

 雨や曇りの日が続く中、日頃の行いのおかげか天候に恵まれ、青い海と青い空、白い砂浜に感動しながら奉仕活動に取り組みました。とはいえ、見渡しても目立つごみは多くなく、小さなプラスチック片などを集めて回るような掃除でした。天気が良いおかげで気温も上がりましたが、体調不良者も出ずに終わることができてよかったです。

 これから夏に向けて、海岸を利用する人も増えるかと思いますが、綺麗に使ってくれたらうれしいですね☆

       

 

えひめサイエンスリーダースキルアッププログラム

 7月17日(土)~18(日)の日程で、えひめサイエンスリーダースキルアッププログラムが開催されました。7名の生徒が愛媛大学を訪れ、課題研究について学びました。学んだ内容は、地滑りや土石流の仕組み、岩石の薄片作りなどです。来年の2月にポスター発表を行う予定であり、これから研究活動をスタートします。

    

 

第22回高校生国際美術展 入選(美術部)

 第22回高校生国際美術展 美術の部 平面部門において、3年野村さんの作品が、「全国高等学校美術工芸教育研究会賞」を受賞しました。また、2年冨田さんの作品も「佳作」に入選しました

  去年の11月から部活時間の制限が続く中、限られた時間の中で集中して制作を続け、本校からは10人の部員が本美術展に応募し、大きな成果を上げることができました。

 この大会は、世界各国で開催される同様のコンクールに、世界の学生が作品を応募し、そこで受賞した作品を、同時に展示するのが特徴です。テーマや技法に国際的な視野にたった制作が求められます。

 例年であれば、各国の受賞者が東京に集まり行われる授賞式では、各国大使館の方々の前で上位入賞者のスピーチを英語で行うなど、国際交流の場も設けられます。

 今年は、コロナ禍のため、残念ながらこれらのイベントは開催されません。しかし、上位入選の野村さんの作品は、東京都六本木にある国立新美術館に8月4日~8月15日展示されますので、卒業生の方々、機会があれば是非ご覧下さい。9月頃、作品が帰ってきたら、今治でも展示予定です。

全国高等学校美術工芸教育研究会賞

 

佳作

 

       

今治工業高校 繊維デザイン部との交流会(美術部)

 7月12日(月)、今治工業高校で交流会を開きました。

 地場産業のタオル捺染や、運動会のTシャツデザインで聞くことのある、プリント技法ですが、実際見たこともないので今治工業高校の繊維デザイン部にお願いをして捺染技法を教えてもらう事になりました。他校とあまり交流のない文化部ですが、制作を通して、お互い切磋琢磨出来たらいいなあと思っています。突然の雷雨のため、一部参加できない部員もいましたが、真剣に興味津々で顧問の先生から説明を受けました。次はプリント実践です。今から楽しみです。このような機会をいただき今治工業高校の繊維デザイン部さん、ありがとうございます。